*

豚串をたらふく喰らうなら「大阪焼トンセンター」【難波】

 ウラなんばにある、「大阪焼トンセンター」に行きました。

IMG 2994

 関東に比べて関西では少ない豚串を楽しめるお店です。たゆたゆ、リブリンなどと同グループの、関西での豚食文化を引っ張るお店です。

IMG 2996

 店内は、基本的に立ち飲みスタイル。天満で多い、ビニシーで覆われた外観です。

 2軒目なので、とりあえず日本酒から。

IMG 2980

 肉に合いそうな日輪田の山廃をチョイス。

 日本酒は店先の冷蔵庫から勝手に出して自分で注ぐセルフスタイル。店員さんに瓶に貼られたシールの色を伝えます。

IMG 2983

IMG 2985

 立ち飲み屋としては、かなりの種類が取り揃えられています。この日本酒の品揃えだけを目当てに行ってもいいレベルです。

 

 豚の串焼きは、1本120円ぐらいからかなりの種類があります。

IMG 2990

IMG 2989

 ちょっと見ただけでは味の想像がつかない部位もたくさん。
 関東では豚ホルモンのお店はけっこうありますが、関西ではここまでの種類があるところは珍しい。しかも、立ち飲みスタイルで気軽に楽しめます。

 とりあえず豚刺し三種盛りを。

IMG 2982

 「刺し」とはいいつつ、湯引きとかそんな感じですが、焼きとはまた違った味わいが楽しめます。

 串焼き以外にも、アテやおでんなどもあります。

IMG 2991

 

 豚串は適当に注文。

IMG 2988

 あまり写真はとってませんが、この日食べた中では、「おたふく」(リンパ)がトロリとした食感としっかりした味で美味しかったです。

 牛の焼き肉や、焼き鳥とはまた違う、豚の味を気軽に楽しめるお店です。ガッツリ食べて飲んで、予算は2000〜3000円程度で済むかと。

 

大阪焼トンセンター (おおさかやきとんせんたー) – 近鉄日本橋/立ち飲み居酒屋・バー [食べログ]

ad

関連記事

肉重で肉充ランチ「DININGあじと」

 難波のDININGあじとで、名物ランチの肉重を食べてきました。  近くにある、立ち飲み形態の「ス

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・7】cafe&curry「buttah」【心斎橋】

 ビオワインスタンプラリー、7軒目は心斎橋にあるカレー屋「buttah」(ボタ)さんに行ってきました

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・3】地鶏専門 おちば屋【江坂】

 万博公園で紅葉狩りをした後に訪れたのがこのお店。  お外でお天気も良くて、したたか飲んだあとに訪れ

記事を読む

金沢の回転寿司といえば、ココ「もりもり寿し」

 金沢に来たら、やはり回転寿司は外せないということで、宿の近くのお店を検索。ちょうど良い距離にあった

記事を読む

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっかくなので何かやりたいと思い、バ

記事を読む

台湾の美味い物 その1「胡椒餅」

 台湾について、一発目に食べたのがこの「胡椒餅」(フージャオピン)。  ガイドブックを見ると、饒河街

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・15】市松【北新地】

 予約の取れないお店として有名で、食べログの点数は現時点で4.01と、かなりの高得点。おそらく一日2

記事を読む

まつがさき商店

 桂離宮見学のあとに、京都は北山にある、まつがさき商店(http://www.matsugasaki

記事を読む

【釜山弾丸ツアー1】テナムポチャでタコを喰らう

 今回の釜山旅行の1軒目は、南川駅近くにある飲み屋さん「テナムポチャ」。ゆでダコが名物の、地元民に人

記事を読む

立ち飲み部(平日編)まずはいつもの岡室酒店から

 ちょっと前のことになっちゃったけど、たまたまぽっかりと平日にお休みがとれたので、これは昼間っから呑

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ad

低温調理マシンAnovaで遊ぶ

 家庭で手軽に真空低温調理がお試しできるマシン、Anova Preci

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっか

お花見とお料理

 今年も、4月の頭にお花見をした。  桜がいい感じで咲いてて、お天気

ホタルイカあれこれ

 先日、4月生まれの人間が我が家に押しかけて、誕生日パーティをしろと迫

O先生のこと

 O先生が亡くなった。90歳の、まあ、大往生だった。昨日の日曜日は、岡

→もっと見る

PAGE TOP ↑