*

iPhoneでうっかりアプリを消さない方法

公開日: : iPhone

IMG 2617

 iPhoneで不要なアプリを消す方法は、アイコンの上で長押しをして、プルプルと震えだしたら、左上に表示される×ボタンをクリックします。

 とっても簡単なのですが、これが逆に、消したくないアプリを誤操作でうっかり消してしまうことにもつながります。

 私も、寝る前にいじっていたら、画面に指を当てたまま寝てしまい、朝起きたら画面のアイコンが一つ欠けていたものの、何を消してしまったのかしばらくわからない…といったようなことが数回ありました。

 また、小さなお子さんを持つお母さんなども、子どもが触っている間に間違って消してしまったなんて話も何度も聞きました。

 そこで、そうした誤操作を防ぐ方法をご紹介します。

 

 まず、「設定」を開きます。

NewImage

 

 少しスクロールして、「一般」をタッチします。

 

貼り付けた画像 2014 02 17 21 02 2

 「機能制限」をタッチします。

 

IMG 2618

 

 パスコードの入力を要求されるので、画面ロックを解除するのと同じ、4桁の数字を入力します(この辺り、5Sなら指紋認証なのかな)。

 

貼り付けた画像 2014 02 17 21 03
 
 「Appの削除」の右のボタンをタッチして、上図のようにオフにします。
 
 これで、いつもの様にアイコンを長押ししても、プルプルとなって移動はできるものの、×ボタンが表示されず、アプリを消すことができなくなります。
 
 逆に、アプリを消したい場合は、先程と同様の手順をたどって「オン」に変えればまた元のように消せますし、パソコン側のiTunesとの同期の際に、同期するアプリを設定することで、消去することも出来ます。
 
 また、こうした手順が面倒という人は、ホーム画面のスクリーンショットを撮っておくだけでも、消えたアプリがすぐにわかるので、もしうっかり消してしまっても、すぐに入れなおすことが出来ますよ。

ad

関連記事

俺はこんなアプリを使っているよ

 ふーちゃんもiPhoneに変えたのを記念して、俺はこんなアプリを使っているよという紹介。 有料・無

記事を読む

俺のモバイルアクセサリ

 普段、iPhoneを中心としたモバイル環境を構築する上で、こんなものを持ち歩いているよというグッズ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ad

低温調理マシンAnovaで遊ぶ

 家庭で手軽に真空低温調理がお試しできるマシン、Anova Preci

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっか

お花見とお料理

 今年も、4月の頭にお花見をした。  桜がいい感じで咲いてて、お天気

ホタルイカあれこれ

 先日、4月生まれの人間が我が家に押しかけて、誕生日パーティをしろと迫

O先生のこと

 O先生が亡くなった。90歳の、まあ、大往生だった。昨日の日曜日は、岡

→もっと見る

PAGE TOP ↑