*

京都日本酒電車に乗ってきました

公開日: : 行ってきた, 飲んだもの ,

 京阪電車を使って行われた、京都日本酒電車というイベントに行ってきました。
 かなりの人気企画だったようで、チケットは即完したようですが、申し込んだらたまたまうまく入手出来たのでした。

IMG 2413

 集合は、京阪三条駅。受付を済ませると、お酒の飲み方講座などのリーフレットが含まれた一式と、号車が書かれた名札が渡されます。

 スタッフの方に先導されてホームで待っていると、電車が入構して来ました。4両編成の特別列車です。

IMG 2414

 車内にはテーブルが設えられ、お弁当と和らぎ水、そして5種類のお酒が各席ごとにセットされています。
 乗車した瞬間、車内に漂う日本酒の香りが鼻腔をくすぐります。 

IMG 2417

 最初にセットされているお酒は、下の箱のなかの四種と、乾杯用にもう一種。

IMG 2422

 大吟醸、発泡、古酒、生酒と、いろいろな特性が楽しめるようになっています。乾杯用は京都の酒米、「祝」を使った玉乃光の吟醸酒。

 お弁当は、下鴨茶寮の特製おつまみ弁当。

IMG 2420

 おしながきにも内容がわかる図柄が描かれており、さすがこういったところも気が利いています。ここに書かれた以外にも、イイダコの煮物と厚焼き玉子も加えられた全10品。

IMG 2427

 さすが下鴨茶寮。一品一品、丁寧な仕事がしてあることが感じられるお弁当です。
 例えばタコの煮物も、さっくりと噛みきれるように煮あげてあり、蒸しアナゴもほろほろと。これが老舗の技ですな。

 下鴨茶寮のスタッフの方も来られていて、少しお話する機会があったのですが、

「お味はいかがですか?お酒に合うように、少し濃い目の味付けにさせていただいたんですが」
「とっても美味しいです。細かいお仕事はさすがですねぇ」
「一度お店の方にもいらっしゃってくださいね。日本酒もたくさん取り揃えておりますので」
「いやぁ、一度はお伺いしたいものの、なかなか敷居が高くて……」
「いえいえ、お昼でしたら6000円ぐらいからございますし」
「そうですかー、機会がありましたらぜひー(ろ、ろくせんえん……おひるで)」

 と、なかなか貧乏人には手を出せないお値段でしたが、また機会があれば訪れたい美味しさでした。

 さて、試飲できるお酒のラインナップは以下のとおりの十種類。
 最初に出されていた五種類以外にも、濁り酒や米の違うものなど、様々な風味が味わえるように用意されています。

IMG 2423

 上の用紙を見ながら、「◯番のお酒をください」とスタッフの方に伝えると、グラスに注いでいただけます。

IMG 2433

 車内の風景はこんな感じ。

NewImage

 私達が乗った4号車は、司会の方などが話されてた1号車からは遥か遠くに位置しております。その分、自分たちの好きなペースで好きなように飲めていたので、かなりいい調子でお酒を楽しむことができていました。
 結局、相席の 10人で、用意された4号瓶10本を、ほぼすべて平らげました。

 今回は相棒がマイグラスを持ってきてくれました。これはかなりのファインプレー!

IMG 2424

 味気のないプラコップで飲むより、はるかに美味しさが違います。
 こうした試飲イベントの多くは、同様のプラコップで提供されることも多いので、、マイお猪口や、(かさばりますが)ワイングラスを持って行くことを是非オススメします。

 今回の走行ルートは、京阪三条駅出発→樟葉でいったん停車して引込線に退避→折り返して宇治駅へ→さらに折り返して中書島で下車、というルートだったのですが、これは京阪的にはかなり異例のルートらしく、樟葉駅での折り返しでは、多くの「鉄」の方々が撮影に来られてました。
 以前、阪堺電車と嵐電では貸しきり忘年会をしたことがあるのですが、 それほどダイヤの過密でない路面電車ならまだしも、京阪の通常ダイヤの中にこうした特別列車を挟み込むというのは、編成的にはなかなか難しそうです。樟葉駅にあんな待避線があったのも初めて知りましたし。そういう意味でも、面白い経験でした。

 さて、列車は最終的に中書島駅で停車。
 まだまだ飲み足りないので、駅前すぐの立ち飲み屋に入ってみると、なかなかのお酒ラインナップ。 

IMG 2453

 伏見のお酒がいろいろと楽しめます。

 どれにしようかな~、と悩んでいると、同乗されていたLeafのスタッフさんや、蔵元の社長の皆さんが来店。

 社長さん直々に注いでいただくという、なんとも贅沢な経験をさせていただきました。

貼り付けた画像 2014 02 12 10 07 3

 乾杯用に最初に頂いたのは、月の桂の立春朝搾り。縁起物でも有りますが、お味も大変よろしかったです。

 結局このお店でもたっぷり飲んで帰宅しました。

 珍しい電車に乗りつつ、お酒もたっぷり楽しんで、上等なお弁当も付いての3900円。これはかなりお値打ちの企画だと思います。

 同乗されたスタッフの皆さんも、主催者の方々だけでなく、蔵元の方や、京阪の編成の方など、かなりの大人数で、単純に人件費を考えたら赤字だろうなぁという感じの企画ですが、たっぷり楽しませていただきました。またこうした企画があれば、参加したいですね。

ad

関連記事

【釜山弾丸ツアー4】夜の街でチキンを買う

 予定では、行ければもう一軒行こうかと思っていたけれど、やはりお腹もいっぱいなので部屋飲みに切り替え

記事を読む

韓国食い倒れツアー2日目

2日目はスロースタート。朝は少しだらだらしてから出発です。目指すはLeeum サムソン・ミュージ

記事を読む

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっかくなので何かやりたいと思い、バ

記事を読む

怪しい路地に佇むステキなワインバル「じじばばDOS」【京都駅】

 京都駅の北側、ヨドバシカメラの裏手辺りに、怪しい路地がリド飲食街です。飲食街と行っても、10人も入

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・11】天満自然派葡萄酒倶楽部 WACCHOY【天満】

 ビオワインスタンプラリー11軒目は、天満にある「天満自然派葡萄酒倶楽部 WACCHOY」です。

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・1】ブランジェリータカギ

 先日のビオワインフェスタでもらったスタンプカード。  フェス当日に出店していたお店に後日行ってス

記事を読む

台湾 高雄旅行・1日目

 夏休みを利用して、台湾の高雄に行ってきた。  高雄は台湾の南の方の街。地図で言うと、左下の端の方

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・9】ハモンベイベー【北新地】

 ビオワインスタンプラリー、9軒目は北新地にあるハモンベイベーに来ました。  北新地の飲み屋ビ

記事を読む

no image

大道芸ワールドカップin 静岡

11月3日4日と、静岡で開かれていた大道芸ワールドカップに、弟たちと行ってきた。 今年で20周年にな

記事を読む

そばとかき揚げと日本酒「亀蔵」【鯖江】

 めがねミュージアムの見学を終えて、駅から戻る道すがら、鯖江に来たもう一つの目あてである蕎麦屋さん「

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ad

低温調理マシンAnovaで遊ぶ

 家庭で手軽に真空低温調理がお試しできるマシン、Anova Preci

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっか

お花見とお料理

 今年も、4月の頭にお花見をした。  桜がいい感じで咲いてて、お天気

ホタルイカあれこれ

 先日、4月生まれの人間が我が家に押しかけて、誕生日パーティをしろと迫

O先生のこと

 O先生が亡くなった。90歳の、まあ、大往生だった。昨日の日曜日は、岡

→もっと見る

PAGE TOP ↑