*

串たなか

公開日: : 最終更新日:2012/06/22 食べたもの

お誕生日の13日は、京都は烏丸にある「串たなか」に行ってきました。
住所は、烏丸錦西入るで、LAQUEの裏あたり。

串かつ専門店で、メニューは基本的に「一方通行」と称する串のコースのみ(¥3,800)。
全20品が順番に出てきて、好きなところでストップを掛けるという形。

IMGP1862


1階席と2階席があり、1階は調理場を囲むコの字型のカウンター。
各席は写真のようにセッティングされており、左から塩、ポン酢、マヨネーズ、ソースを、ネタにあわせてつけて食べます。野菜スティックのセットは、無くなったら随時取り替えて下さいました。

コースが始まると、かなりテンポよく出てきます(あまりにテンポよく、ちょっと寛げないほど)。
一品あたりはかなり小ぶりなので、全20本もわりとぺろりと平らげてしまいました。

今回のメニューは以下のとおり。

・もち
・牛肉(かなりジューシーなお肉で、小さくても満足感がある)
・三つ葉(くるっとまとめて肉か魚と一緒になってる)
・豚ねぎ
・マッシュルーム(バジルバター?が塗ってある)
・コーン(何かつなぎでうまくまとめてある)
IMGP1877・アスパラガス(1本揚げ)
IMGP1878・プチトマト
・貝柱 
・かぼちゃ(かぼちゃコロッケみたいにしてある)
・パン(チーズをたっぷり入れて揚げてある)
・生麩(田楽風に)
IMGP1882・豚バラ
・鯵
・キス(天ぷら風)
IMGP1888・うずらの卵
・舞茸
IMGP1891・エビ
・チーズ(ブルーベリージャム乗せ)
・リンゴ

 これに加えて、突き出しにこんにゃくの炊いたのと、デザートにグレープフルーツと生姜のシャーベットが出てきました。

 1本あたりの単価200円弱なので、新世界の串かつなどと比べると高めですが、そのかわりにどの一品も何かしらの「仕事」がされているため、納得の行く価格設定でした。お酒2杯ぐらい飲むと5000円ぐらいになっちゃうので、普段使いはできないけど、たまに行くのにはおすすめです。
 1時間ほどでコースは終了。次々出てくるし、ちょっと慌ただしかったかなぁ。 もうちょっとゆっくり味わいたかった。

ad

関連記事

牡蠣食べたよ

忘年会用に注文しようと思ってる生牡蠣。 せっかく注文したのに、期待はずれの味だったり、当たったりし

記事を読む

【釜山弾丸ツアー6】激辛タコ鍋で大汗かく

 テジクッパを食べたあとは、一旦ホテルに戻ってチェックアウトしたあと、地下鉄で30分ほど移動し、セ

記事を読む

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっかくなので何かやりたいと思い、バ

記事を読む

瀬戸内の幸がいただける、小粋な居酒屋「吾半」【西明石】

 うどんツアーの帰り道、明石大橋を渡ったところで高速を降り、向かったのは西明石駅近くの居酒屋「吾半」

記事を読む

キャトルラパンに行ったよ

とんど祭りに行ったあとは、北新地のquatre lapin(キャトルラパン)のディナーに。 以前、

記事を読む

台湾の美味い物 その1「胡椒餅」

 台湾について、一発目に食べたのがこの「胡椒餅」(フージャオピン)。  ガイドブックを見ると、饒河街

記事を読む

黄色の短冊とキャッチコピーが眩しい激安居酒屋「酔楽」

 近鉄久宝寺口駅前にある居酒屋、「酔楽」さんに行ってきました。  L字型の大きなカウンターの上には

記事を読む

【ビオワインスタンプラリー・6】島人の台所 えなっく【心斎橋】

 ビオワインスタンプラリー、6軒目は、心斎橋の沖縄料理店、「えなっく」さんに行ってきました。  お店

記事を読む

台湾 高雄旅行・3日目

高雄3日目。  朝食はホテルで。昨日とまたけっこうメニューが変わっていて、大根餅とかチャーハンとか

記事を読む

第5回立ち飲み部(京阪沿線編)前編

 立ち飲み部、それは主に立ち飲み屋をターゲットに、一日かけてあっちこっち巡る企画。  今回は第5回

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

ad

低温調理マシンAnovaで遊ぶ

 家庭で手軽に真空低温調理がお試しできるマシン、Anova Preci

大人のバーベキュー

 サービス業に転職してしまい、GWもほぼ仕事し続けてたのだけど、せっか

お花見とお料理

 今年も、4月の頭にお花見をした。  桜がいい感じで咲いてて、お天気

ホタルイカあれこれ

 先日、4月生まれの人間が我が家に押しかけて、誕生日パーティをしろと迫

O先生のこと

 O先生が亡くなった。90歳の、まあ、大往生だった。昨日の日曜日は、岡

→もっと見る

PAGE TOP ↑